2015年05月15日

実家の押し入れはバイストンウェル?【旧キット 1/72 オーラバトラー ボチューン】

先日、法事のついでに実家に寄ることがありましたので
大昔に購入して放置したままになっていたプラモデルを一部回収してきたところ、
完成品・半完成品等もあったので記録がてら写真を撮ることにしました。
(なんせデジカメのない時代の完成品がほとんどだったので・・・)

1個目は旧キット 1/72 オーラバトラー ボチューン。
まぁ、ボチューンがプラモデルとして発売されたのはこれだけなので、旧キットも何もないのですが(笑)。
聖戦士ダンバインが昭和58年の放送なので、当時私は小学6年生だったかと思います。
プラモデル自体を製作したのは多分中学から高校くらいの間だったと思います。

ボチューンのデザインはドレイク軍の重装タイプのオーラバトラーとは違った魅力があり、
鳥脚が特徴的なスピード感のあるシャープなデザインが特徴だと思うのですが・・・
キットの方は横幅がかなり広く、正直言って微妙なデキでした。
(今なら非常に素晴らしい造形のロボ魂ボチューンがありますね)

当時は今の様に情報もそれほどありませんでしたし、自分の技術も稚拙なもので・・・
エポキシパテを駆使した固定ポーズ仕上げで、塗装も設定無視の荒々しさ(笑)!
ただ、全体的には好みのシルエットにすることが出来たと思います。

オーラバトラー ボチューン

オーラバトラー ボチューン

オーラバトラー ボチューン

オーラバトラー ボチューン

ディスプレイベースのやっつけ具合にも四半世紀以上昔の自分の姿が映っているようで
恥ずかしいやらこそばゆいやら、なんだか複雑な心境になります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。