2015年06月15日

ザクシールド…迂闊!【MG MS-06R-1A ver.1.0 高機動型ザク】No.11

胴体、脚、腕など、主要な部分が何となく出来上がってきたので、
周辺部分を色々と製作していきます。

今回はザクの特徴の一つでもある右肩のシールドです。
この右肩のシールドと左肩のスパイクアーマーという「左右非対称」というのが、
当時のロボットにはない「よく分からんけど何となくリアル」なイメージを生み出しているのだと思います。

肩のパーツを大型化したので位置が合う部分に接続用のボールジョイント(雄)を
設置すればそれで完了なのですが、それですと面白みに欠けますし、
ver.2.0の接続方法が非常にいい感じなのでそれをトレースします。

MS-06R-1A ver.1.0 高機動型ザク2 黒い三連星仕様

接続アームの形状にプラ板(多分1.5mm)を切り出します。
瞬間接着剤の点付けでプラ板を4枚貼り合わせて同じ形状になるように整形します。
ちうなみに左側がver.2.0のパーツです。
それなら素直にver.2.0の部品を使えという感じですが・・・(笑)

MS-06R-1A ver.1.0 高機動型ザク2 黒い三連星仕様

重ねて整形したプラ板を剥がすとこんな風に同じパーツが4枚出来ます。

MS-06R-1A ver.1.0 高機動型ザク2 黒い三連星仕様

WAVEのボールジョイントを挟んで、アームの両サイドが可動できるようにしておきます。
強度確保用のステー(?)は丸棒とパイプの組み合わせです。
あまり見える部分でもないので横着しましたが、簡単で効果的な方法だと思います。

MS-06R-1A ver.1.0 高機動型ザク2 黒い三連星仕様

組み上げた接続アームを肩パーツに乗せてみました。
シールドもスパイクアーマーも同様の取り付け方法を考えていますが、
位置関係が異なるので、また現物合わせの調整が必要になると思われます。

MS-06R-1A ver.1.0 高機動型ザク2 黒い三連星仕様

シールドとの接続方法も、ver.2.0の仕組みをそのまま踏襲しています。
大きく跳ね上げることが可能ですが、通常時は切り欠いたシールド内側に収まるので、
肩から離れ過ぎずに適度な状態でしっかり収まります。

・・・で、ここで実際に各種06Rを実際に組んだことのあるマニアックな方なら
お気付きかもしれませんが、アタクシ大きなミスをやらかしてしまいました。

黒い三連星仕様のシールドの表側と同じカラーだったので気付かなかったんですが、
何となく形状に違和感があって記憶を紐解きながら他のMS-06Rのインストを確認すると・・・

迂闊!
このシールドの内側のパーツ、シン・マツナガ用のパーツでした!

そうなんです、シールドの内側の角に補強用のリブが入っているのは
「近接戦に特に強いこだわりがある」シン・マツナガ専用機の特別仕様らしいのです。

このような状態で様々なザクのパーツを保管していた私が悪いんですとも・・・
MS-06R-1A ver.1.0 高機動型ザク2 黒い三連星仕様

リブを削り落とせば簡単に三連星仕様にすることは可能ですが、
今回は見なかったことにしちゃいます。

MS-06R-1A ver.1.0 高機動型ザク2 黒い三連星仕様

ver.1.0のシールドはver.2.0のものよりも長さがある為に特に細く見えがちなので、
左右で各4mm、合わせて8mmほどプラ材で幅増ししました。

MS-06R-1A ver.1.0 高機動型ザク2 黒い三連星仕様

本来であれば幅増しした分、内側のディティールの調整も必要なのでしょうが、
ここも都合よくスルーします。
奥はジョニーライデン用のシールドですが、やっぱり内側の角にはリブがありません。

ザクのシールド一枚取っても、外側は1枚ものの板なのか、
表と裏の間は中空なのかムクなのか、丈夫じゃないと意味がないけど重すぎないのか・・・など
色々なことが気になってきます。
科学的や物理的に考えた方がリアリティーは高くなる一方で、
模型としてのリアル感と相反する要素も生まれてきたりするので、
そのあたりは余り深く考えすぎないように「お気楽」に楽しみたいと思います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。