2015年04月16日

足首の小型化【MG MS-06R-1A ver.1.0 高機動型ザク】No.07

間が空いてしまいましたが、06Rの方は順調に微速前進中(?)です。

初期MGザクとver.2.0のプロポーションの大きな違いは足首の大きさでしょう。
初期MGの足首は大型の釣鐘型で、大河原氏の設定画稿をうまく消化しているのですが、
現在の目で見ると少々大きすぎなように感じられます。

形状は活かしたままで少し小型化する為に、まずは足の甲を幅詰めします。

MS-06R-1A ver.1.0 高機動型ザク2 黒い三連星仕様

左右のパーツの接着面でそれぞれ1.5mmずつカットします。

MS-06R-1A ver.1.0 高機動型ザク2 黒い三連星仕様

上の写真の右側が加工後です。
クツ(黒い部分)の大きさと比較すると小さくなっているのが分かります。
甲の中央部分のパーツが入るように、赤線部分まで削り込んでおきます。

MS-06R-1A ver.1.0 高機動型ザク2 黒い三連星仕様

甲の中央パーツそのものは、右用と左用で角度を変えます。
赤矢印の部分をPカッターで掘り込み、指で角度をキープした状態のままゼリー状瞬間接着剤と硬化剤で形状を変更します。

MS-06R-1A ver.1.0 高機動型ザク2 黒い三連星仕様

右側が加工後ですが、これはわかりにくい・・・^^;

MS-06R-1A ver.1.0 高機動型ザク2 黒い三連星仕様

クツ部分のパーツはまず上部をくり抜きます。

MS-06R-1A ver.1.0 高機動型ザク2 黒い三連星仕様

左右幅を2mmほど詰めます。
右側が加工後の状態になります。

MS-06R-1A ver.1.0 高機動型ザク2 黒い三連星仕様

足裏パーツの左右を外側から1mm削って小型化します。
右側が加工後ですが、結構印象が変わっていると思います。

MS-06R-1A ver.1.0 高機動型ザク2 黒い三連星仕様

片側だけ1mmほどずらした状態で足裏パーツを接着しました。
この後にそれをガイドにしてクツ部分を整形します。

MS-06R-1A ver.1.0 高機動型ザク2 黒い三連星仕様

内側と外側でクツの高さを変えることで、足首の接地性を上げる予定です。

MS-06R-1A ver.1.0 高機動型ザク2 黒い三連星仕様

ノーマル形状(右側のジョニザク)と比べると、僅かですが小型化できたのが分かるかと思います。

MS-06R-1A ver.1.0 高機動型ザク2 黒い三連星仕様

ver.2.0の足首との比較です。
ギミックや今時のトレンドなども考えると、ver.2.0も良いですが、
やっぱりMS-06Rの足首は釣鐘型かと。

足首の改造はまだ続きますが、本日はこれにて。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。