2014年11月06日

形状出し完了です【妖怪ウォッチ ロボニャン改 ブルニャン】No.03

細部の形状やアレンジに失敗したところがありますが、
気付かなかったふりをして進めていきます。(←いいの?それで!?)

タコ系最大の特徴でもあるターレット式3連レンズ。
とりあえず台座となる部分を2mmプラ板から切り出します。

妖怪ウォッチ ロボニャン改 ブルニャン

あとは市販のディテールパーツやプラ材で適当にでっち上げます。
なんとなくそれっぽい形になりました。

妖怪ウォッチ ロボニャン改 ブルニャン

ブルタコのアイデンティティーでもあるガトリングクローですが、
あまり大きくし過ぎると可愛さが無くなってしまうので小さめに。

妖怪ウォッチ ロボニャン改 ブルニャン

プラパイプを束ねて大き目のパイプにセットしてガトリングを作り、
クロー部分には通称「パンのアレ」のカタチをそのまま使います。

ガトリングのマガジンはロボニャンに付属している「チョコボー」が
形状、サイズ、ネタ的にも最適ということで、


・・・あれ? チョコボー紛失!?

そういえばロケットパンチのエフェクトパーツも見当たらない。
・・・ムムム。こりゃぁイカン。

妖怪ウォッチ ロボニャン改 ブルニャン

仕方がないのでチョコボーらしきものをプラ材ででっち上げて・・・

妖怪ウォッチ ロボニャン改 ブルニャン

さて、次はサフって表面のチェックです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。