2014年10月21日

完成しました【1/24 ATM-09-GC ブルーティッシュドッグ】No.25

10年前に購入してやっと完成した1/24ブルーティッシュドッグ。
実はWAVE(旧タカラ)のSAKシリーズを作ったのは今回が初めてでした。
丁度ボトムズのプラモデルが発売された頃といえば、まだ小学5、6年生位だったので、
そこから順調にMS-V(特にMS-06R)、バイファム、マクロス、エルガイム、
そしてZガンダムのプラモデルに夢中で、ボトムズはものの見事にスルーしていたのです。

今回、初めての製作にもかかわらずなんとか完成にこぎつけることが出来たのは、
偉大なる先人達のお知恵をお借りすることが出来たからに他ならないと思います。
製作時間もさることながら、ネットを見ながら作業の構想を練っている時間もまた楽しく、
参考にさせて頂いたサイトのモデラーさん方には感謝の気持ちでいっぱいです。

また、1/24スコタコのキットに関してはよく「伝説のキット」と言われていますが、
最近はTVとかでも頻繁に「伝説の名曲」とか、「伝説的バンド」とか「伝説の番組」などと、
伝説でもなんでもないようなものに「伝説・・・」の形容をするのが多く、
「伝説のインフレかっっ!?」とまぁ、それほど期待していなかったのですが・・・
正直言って、完全にハマってしまいました(笑)!
製作中にも「次回作るならここはもっとこうしてみよう」とか、
「次はこのバージョンを」とか「あぁ〜、次はもっとココをこうしよう」とか・・・
作っている途中に更にもう一機作りたくなり、作り終わった瞬間に次の機体が作りたくなる。
細かなディティールがどうこうとか以上に、何とも不思議な魅力に満ちていて、
そりゃぁヤフオクどっぷり、絶賛在庫増量中ですわ(爆)!!
まさに「今更モデリング倶楽部」です。

前置きが長くなってしまいましたが、
1/24 ATM-09-GC ブルーティッシュドッグ 完成でございます。

ATM-09-GC ブルーティッシュドッグ
やや俯瞰気味のアングルが改造箇所が分かりやすくお気に入りです。

ATM-09-GC ブルーティッシュドッグ
腕の接続軸がもう少し短ければ・・・ あと足は少し細すぎたかも。

ATM-09-GC ブルーティッシュドッグ
左腕は関節基部をハメ直してガワラ曲げ可能です(しつこい?)

ATM-09-GC ブルーティッシュドッグ
バックパックに手抜き感が・・・(笑)

ATM-09-GC ブルーティッシュドッグ
膝はもっと曲がるのですが、曲げたポーズが取れない・・・ 次回の課題?

ATM-09-GC ブルーティッシュドッグ
固定武装ってポージングの幅が狭いですね。

ATM-09-GC ブルーティッシュドッグ
ガトリングに関してはあまり大げさにせず・・・ で丁度良かったと思います。

ATM-09-GC ブルーティッシュドッグ
次作(笑)は股間軸をもう少し下げて、可動範囲を活かせるようにしたいところです。

ATM-09-GC ブルーティッシュドッグ足首の自由度は高いのですが、これ以上倒すと倒れます(笑)。

ATM-09-GC ブルーティッシュドッグコックピットも収まりました。メンテナンスハッチも開閉可能。

すったもんだ(?)のフィアナですが、色々試してみたのですが、
1/24フィギュアって、1/35ほどディフォルメした塗装が出来ず、
1/18や1/12ほど大きさに余裕がある訳でもなく・・・
私の拙い腕では思うような仕上がりにはなりませんでした。
特に写真に撮ると肉眼では気付いていなかった粗がいっぱい過ぎて参りました。

フィアナ

フィアナ

フィアナ

すぐにでも次の1/24スコタコを作りたいところですが、
他にも作りたいものがたくさんあるので、ちょっと冷静に考えたいと思います。

悩んでる間もまた楽し・・・です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。