2006年04月29日

軽くサフチェック! MG MSN-04サザビー【No.07】

 顔と上半身がある程度進行したサザビー。
軽くサフ吹きして見ました。

msn04_body_14.jpg

おや、なかなか良いのでは…(笑)

ちなみに撮影したのは先日お話しました禁断の「サイバーショットP150」です。



腰の方はどうしたかって…



外して再構築中デス。

msn04_body_13.jpg

自作した股関節のパーツの形状が気に入らなかったことと、全体の形状自体が設定と全く異なるということで、全体的に作り直すことにしたのですが…
形状自体は設定完全再現ではなく雰囲気重視でいく予定です。

あと、改造ポイントとしては…
・腰の接続軸を前に移動。(前屈させやすいように)
・軸の前のフレームを切り欠いて腹部メガ粒子砲が埋まりこむように…


話はまた飛んでしまいますが、先日購入したFSS(ファイブスターストーリーズ)の12巻で、読み終えるまでに2回も泣いてしまいました(不覚)。
30も半ばになると涙腺が弱くなってくるようです…(笑)


というわけでSR1の写真。

sr1_00.JPGsr1_01.JPG


一流メーカーで抜くとガレキでもココまで凄いんだとパーツに見惚れました。(メーカー製ガレージキットという概念は基本的にオカシイのですがね)
posted by ぎん at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | MG MSN-04 サザビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラインの流れを意識した胸 MG MSN-04サザビー【No.06】

msn04_body_11.jpg 途中までですが、組みあがりのイメージを確認するために再度仮組みしました。

 この写真では両胸やアーマーの形状が変更されているのが確認できるかと思います。

 両胸は上部にプラ板の積層で形状変更を行い、取り付け部分で左右の幅を狭めているので、元パーツよりもコンパクトに(密度感高く)見え、頭の浮いた感じを軽減するのではないかと思っています。

 胸部中央パーツとの関係が「浮いた」感じにならないように、隙間をパテで整形しました。両サイドのパーツにパテを盛り、離型剤(ワセリン・メンタム等でOK)を予め塗っておいた胸部中央に押し付けると簡単です。

 全体的には、胸部中央突起部からの流れに注意して整形したつもりですがいかがでしょうか。


 フロントアーマーは前回裏側からの写真でも判るように、8mm程延長しています。サイドアーマーの延長工作とのバランスをとる意味もありますが、相対的に胸部を小さく見せたいということもあります。

msn04_body_12.jpg

 リアアーマーは印象が硬かったのでエッジを抑えるように削っています。しかしただ削るだけでは「面の流れが悪い」ので、単なる長方形の面をなくすように調整しています(この写真では解りにくいですね)。

 表面から削り込む時はパテで裏打ちするのを忘れないようにしましょう。
 裏打ちをしなかった場合は、面がなくならなかったとしても強度や表面の平滑度に問題が出てしまいます。
 まぁ、だからといって大量に詰め込みすぎると「重く」なってしまい、関節の保持力に影響してきますので「ホドホド」にです。

 裏打ちの為のパテは、場所や必要な強度、量や作業性の条件の中から気の向いたもの(!)を選択しています。主に使うのは、ポリパテ、エポキシパテ、プラリペアです。
 今回のサザビーのフロントアーマーは、ワークのポリパテ「もりもり」です。

posted by ぎん at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | MG MSN-04 サザビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

ち○こアーマー! MG MSN-04サザビー【No.05】

 写真を撮った時期と、進行の状態がバランバランなので、説明と写真が前後してしまっているものが結構ありますが、ツッコミはナシ…ということで、腰のアーマーに関する改造ポイントです。

 前回出来上がりましたチン○パーツは、こんな感じです。
msn04_body_05.jpg
 パーツの分割を活かしたまま形状変更を行いましたので、後からの組み立ても楽な筈…です…。

 プラ板細工は最初の切り出しが面倒なイメージがありますが、逆に言えば最初さえシッカリやっておけば後が楽…という素晴らしい方法です。(私も最も苦手な類の考えです…「後で何とかすればええわ」が身上なので)。

 
 さて困ったことにフロントアーマーの写真は前回より状態が退行しております。

msn04_body_06.jpg
 まず、アーマー側面(内側)にエバーグリーンのプラ材を貼り付け、整形します。

 このときのポイントは、
・根元が薄く
・内側が薄く
なるようにテーパーを付けることです。

 フンドシを支点として、フロントアーマーは真ん前を向いているわけではないので、妙な隙間が出来にくいようにこのようにしました。


msn04_body_07.jpg
サイドアーマーは延長、大型化する方向で加工しました。プラ板とポリパテで整形します。


msn04_body_08.jpg
胸パーツ両サイドも「あーでもない、こーでもない」と弄り膜って現在はこんな感じです(後に変身予定有り)。
posted by ぎん at 04:36| Comment(0) | TrackBack(0) | MG MSN-04 サザビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰は大事さ! MG MSN-04サザビー【No.04】

さて、サザビーの胴体の続きです。
腰の部分ですが、フンドシというか、股関節の基部にあたるパーツが妙に縦長な感じがしましたので、上下で幅詰めを行いました。

msn04_body_04.jpg
 写真中の[ココ]の部分で上下に分割して、多分2mmくらいレザーソーで切り飛ばして接着し直したと思います。

 ウェスト部分で絞りを入れたかったので、サイドアーマーの接続部分でフレームを一旦切り離し、幅を詰めて最接着しています。

 股関節ですが、この時点で新造されていますね…



msn04_body_10.jpg
 プラ板でWAVEのポリキャップを挟み込むようにし、前後にスイングするようにしています。
 脚の前後への回転は5mmプラ棒とポリキャップの摩擦なので、組み上がったらどうなるかは若干不安です(笑)。

 この棒を受けるポリキャップを腿の上部にも設置しなければなりませんが、それは脚のところでまたご説明します。

 写真で見ると、フロントアーマーの裏側もプラ板の細切りを利用してディティールが入れられています。

 チン○アーマーも改造されているようです(←人事のように…)。
股関節基部フレームの上下幅短縮に合わせて上下に幅詰めを行い、左右に1.2mmのプラ板を貼り付け、ポリパテで整形しました。
 前にグッと突き出す気持ちです!!

 スミマセン…、不要な気合でした。
posted by ぎん at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | MG MSN-04 サザビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

ファイブスターストーリーズ(FSS) 12巻発売

なんと久しぶりでしょう…!!
あのファイブスター物語(FSS)の単行本の12巻が、気が付くと発売されているじゃないですか!!(4月9日に発売されたようです)

魔導大戦編はショッキングな出来事が非常に多く、しかも様々なキャラクターのエピソードが出てくるのが魅力です。
過去のコミック(過去や未来のエピソード)との関連も明らかになったり、なんせ一度読んだだけでは理解できないところの多い難解さが、またしてもモデリングの手を止めてしまいそうです。
(先日ボークスでエンゲージオクターバーSR-1を購入してしまったのはカミさんには内緒)

買いに行くヒマがとれなかったので、楽天ブックスで注文しちゃいました(笑)。
でも本はどこに行っても値段は一緒だし、送料無料ならネットのほうが確実に便利ですね。

ファイブスター物語(ストーリーズ)(12)待望の新刊! ヨーン、V、ちゃあを見逃すな!

永野護の人気コミック「ファイブスター物語」第12巻。「魔導大戦」の第2部、主要キャラが次々と語られる「TRAFFICS 3」を掲載。「プロムナード」では、メイド姿のちゃあに近付く謎の美少女と驚きの展開が!?(角川webより)





楽天ブックストップページ なんか今、キャンペーン対象商品とのことで、1500円いかなくても送料無料みたいでした。




我々は3年待ったのだ!!
posted by ぎん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

TAMIYA(タミヤ) 精密ニッパー

TAMIYA(タミヤ) 精密ニッパー

tamiya_seimitu_01.jpg

 薄刃ニッパーの前から使っていた樹脂専用の精密ニッパーです。
 切れ味や形状は、まさに模型用として高い完成度で、しかもほとんどのショップで入手が可能なところが流石TAMIYAと唸らされます。

 薄刃ニッパーを入手してからは出番が減ってしまいましたが、改造時の粗切断時には未だに使用しています。(薄刃ニッパーでは傷むのがコワいなと思ったらコイツの出番です!)
 実際のところはゲートをヤスリで仕上げるので、薄刃ニッパーがなくてもコレで十分こなせるのですが…(笑)
 
 グリップのビニール部分は「ボソボソ」とした感じの薄刃ニッパーに対して「ピトピト」した感じです。長時間使用したり水分や粉が付着した時は滑りやすくなるようなので注意が必要です。
 とは言っても、注意しなければならないほど力を入れての切断は禁物です。この写真の精密ニッパーは二代目ですが、初代は同TAMIYA社の5mm四角プラ棒の前に撃沈しました。

項目ポイント
切れ味★★★★☆
耐久性★★★★☆
切断能力(対象物直径)★★★☆☆
グリッピング★★★☆☆
コストパフォーマンス★★★☆
必携度★★★★☆
切断可能な材質樹脂のみ


楽天市場の価格
posted by ぎん at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TAMIYA(タミヤ) 薄刃ニッパー(ゲートカットタイプ)

TAMIYA(タミヤ) 薄刃ニッパー(ゲートカットタイプ)

tamiya_gatecut_01.jpg

プラモデルを作る上で必ず持っておきたい道具。特にゲートカットタイプは切れ味の良さと切断面の美しさから、ニッパーの概念を変えたといっても過言ではありません。
 HGUCだろうがMG、PGだろうが、これ一本でパチ組み可能だと思えるほどの代物です。
 写真の薄刃ニッパーはこれで三代目… 結構な価格ではありますが、減価償却の期間を考えれば安い買い物です。

 少し力が入りすぎましたが、これだけでプラモがうまくなったような気がします。
 ただし、切れ味が鋭い分、名前のとおり薄刃ですので、プラモデルのゲート部分以外は切断しないようにしたいものです。 初代は「おーい、ニッパー借りてるぞ〜」という父親の一言の前に現役引退を余儀なくされました。

項目ポイント
切れ味★★★★★
耐久性★★★☆☆
切断能力(対象物直径)★★☆☆☆
グリッピング★★★★☆
コストパフォーマンス★★★☆
必携度★★★★★
切断可能な材質樹脂のみ


楽天市場の価格
posted by ぎん at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。