2005年12月02日

ガンプラ基本工作A 【切り取ったパーツを綺麗にしよう】

 前回はランナーからパーツを切り出すところまで行きましたので、切り取ったパーツを綺麗に処理しましょう。
 ここでの作業の丁寧さが後の見栄えに影響してきますので、慎重に作業を進めていきましょう。 3:ゲートの残りを削り落とす

ゲートの残りを削り落とします 微妙に残ったゲート切断痕をヤスリで削ります。

 ヤスリは必ず「押す」方向にのみ力を入れて使いましょう。引く時に力を入れてしまうと、ヤスリの目が寝てしまい寿命を縮めてしまいますし、第一ロクに削れません。
(ダイヤモンドヤスリの場合は特に方向性は気にしなくてもOKです)

 パーツのエッジに対してどちらの方向からヤスリをかけるか…なのですが、パーツ側からかける方が削りすぎによるエッジラインの崩れを防止しやすいと思います。
 私の場合はクセでエッジ側(写真の通り)からなのですが… (^^;

 ※ハセガワ製精密ヤスリセットが便利です。


4:切断面を綺麗に仕上げる

サンドペーパーで表面を綺麗にします サンドペーパーを使って、先程やすり掛けをした表面を綺麗に仕上げます。

 ペーパーには目の粗さによって番手があり、番号の大きくなるにつれ目が細かくなっていきます。
 私の場合はタミヤ製フィニッシングペーパーの400番を使って切断面を研磨するのですが、使用する際には幅2センチくらいの短冊状に切ったものを折って使います。

 短冊状に切ったペーパーには必ず油性マジックなどで番手を書いておきましょうね。




 これからプラモデルを作ろうと思う方や、脱初心者だっ!と言う方は、書籍を参考にされるのもいいのではないでしょうか。
 実際、私も改めて読み直すたびに、「基本は大事だな〜」と思うことしばしばです。

項目
評価
分かりやすさ★★★★★
内容の充実度 ★★★☆☆
面白さ ★★★★☆
一口コメント
 超絶モデラーMAX渡辺の下で初心者のオオゴシ*トモエさんがスキルアップしていくストーリー仕立ての一冊。
 侮る無かれ!! 分かりやすさと内容の充実度は全ての人にオススメです。
 オオゴシさん、お仕事でしばしばご一緒しましたが、本当にイイ娘です。

項目
評価
分かりやすさ★★★★☆
内容の充実度 ★★★★★
面白さ ★★★☆☆
一口コメント
 素材、道具、基本工作、改造から塗装まで、知りたい情報が全て集約されていると言っても過言ではありません。
 ある程度作ったことのある方や、私のような出戻りモデラーにとっては最高の一冊ではないでしょうか。
posted by ぎん at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガンプラ基本工作@ 【パーツを切り離そう】

 まぁ、「そんなことは知っとるわい!」ってな声が聞こえてきそうですが、プラモデルの基本工作を簡単に説明していこうかと思っております。
 本などで色々紹介されている内容とほぼ同じですので、知ってる方は軽〜く読み飛ばしてやって下さい。

 今回は「パーツを切り離そう!」です。
 プラモデルのパーツは通常「ランナー」と呼ばれる枠に引っ付いた形で箱に入っていますので、作る時には切り離す必要があります。

 第一段階で丁寧に作業することで最終的な仕上りが変わってきますので、じっくりと行きましょうね(←と自分に言い聞かす)


1:ランナーからパーツを切り離す

パーツを切り離します まずはランナーからパーツを切り離します。

 ニッパーを使って「ゲート」と呼ばれる部分を切断するのですが、この時にパーツギリギリで切断してしまうとパーツを傷付ける惧れがあるので、2mm位余裕をもって切断します。

 私の場合ですが、一つのパーツに複数のゲートがある場合は、「細いゲート」から切断する様にしています。(太いゲートから切断すると、切断時にパーツが押されてしまい、他のゲート部分に影響するような気がするからです。)


2:パーツに残ったゲートの処理

パーツに残ったゲートを処理します 先ほど切断した際に残った(残した)ゲートを、ニッパーで切り取ります。

 と言っても、実際は0.5mmくらい余裕を持って再度切り残すのが理想的です。パーツギリギリで切断してしまうと、切り口がパーツそのものの表面に影響を与えることがあるからです。

 もっとも、私の場合は後の全塗装を前提に、結構「パチパチ」と切断してしまってますが…

 よく切れるニッパーだとこの作業は非常に楽です!

 一般的に入手しやすく、お奨め出来るのが、タミヤ製薄刃ニッパーですね。改造派も素組み派も必携のアイテムです。


※このページで使用しているキットは、BANDAI製1/100ストライクフリーダムです。
posted by ぎん at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめまして

 男にとって趣味の世界はいくつになっても魅力的なものです。

私の趣味とするものに使用する道具の紹介を中心にしたブログです。
 プラモデルやフィッシング他、私が自分の趣味を通じて使用している道具のインプレッション等を、半ば自分用として記載していく予定です。

 ◆リンクの一部はアフィリエイトになっておりますが、インプレッションなどがご参考になりましたらご活用頂ければと思います。
posted by ぎん at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。